合併買収で企業を拡大する|アパート経営で成功したいなら失敗事例も確認しておこう
つみき

アパート経営で成功したいなら失敗事例も確認しておこう

合併買収で企業を拡大する

握手

企業が合併するメリット

M&Aには、合併や企業買収によって業務を拡大する方法や、会社分割や資本提携などによって業務の分散化や資金面での提携など様々な方法があります。合併の中には新設合併と吸収合併の二つがあります。買収の中にも株式買収と事業譲渡に分かれ、株式買収の中でも株式譲渡や株式移転、株式交換に分けられます。新設合併は新しく会社を設立して合併させる事によって、事業の一部や全部を引き継ぐ方法です。吸収合併は一つの会社を存続させて事業を継続させます。同じ業務を行う企業同士が合併する事によって、組織や人材をそのまま引き継ぐ事ができると共に、資金や株式を統合させる事ができるメリットがあります。企業買収によって合併する場合には、買収する側の経営方針などをそのまま引き継いでいく事になり、お客様に迷惑をかける事無く経営を継続させる事ができます。

買収するがわとされる側

企業買収では、買収する側とされる側に分けられますが、会社や事業のオーナーが変わるだけであって、会社や事業の内容は変わらず経営を継続させる事ができます。売り手にとって企業買収される事は、廃業するコストをかける事無く、従業員をそのままの条件で雇用させる事ができるメリットがあります。買い手側にとっての企業買収は、経営に必要な人材や設備などを迅速に獲得できると共に、取引先などの拡大を容易に図る事ができるメリットがあります。既に出来上がった状態の経営を引き継ぐ事ができるので、人材育成や顧客確保に要する費用や時間などの労力を削減する事ができます。地域社会や日本経済において、経営を存続させる事ができる企業買収は重要であり、それぞれのメリットを活かす事が必要です。また、買収された企業が所有していたビルや土地も、買収先企業のものになります。そのため、不動産会社に相談して使い道を考えておくといいでしょう。