賃貸経営のリスク軽減策|アパート経営で成功したいなら失敗事例も確認しておこう
つみき

アパート経営で成功したいなら失敗事例も確認しておこう

賃貸経営のリスク軽減策

つみきとお金

家賃滞納への対策

賃貸経営をする際のリスクとなるのが、賃借人の家賃滞納です。家賃滞納は近年、増加傾向にあると言われていますが、そのリスクに対応するのが、家賃債務保証です。家賃債務保証とは、家賃滞納があった場合、賃借人に代わって家賃を支払うことです。そしてこの役割は元来、連帯保証人が担ってきました。しかし近年は高齢化が進み、同時に少子化も進んでいますので、連帯保証人の成り手が少なくなっています。また、同じく高齢化の影響で連帯保証人が高齢者の場合も多く、その場合、連帯保証人ではありますが、家賃債務保証能力がないということも多くあります。そういったことから、家賃債務保証を業務にしている会社は急増しています。業務にしていますから当然、連帯保証人よりも信頼できます。よって、入居の条件として、家賃債務保証会社との契約をしなければならないとしてしまえば、家賃滞納による未収入のリスクは解消されることになります。

会社選びは自ら行う

しかし、実際にはリスクの解消までには至らないのです。というのは、家賃債務保証会社が倒産してしまう可能性があるからです。家賃債務保証会社が家賃を代わりに払った場合、当然、その分は家賃を滞納した人から回収します。しかし、回収できないこともあり、未回収が多ければ、経営が傾くことになってしまいます。このようなケースは意外に多く、実際、倒産してしまった会社も多くあるのです。このリスクを軽減させる方法は、賃貸経営者自ら家賃債務保証会社を見つけることです。家賃債務保証会社との契約は賃借人ですから、本来ならば、賃借人の方で用意すべきなのですが、賃借人が用意した会社の経営状況等を確認することが難しいことは往々にしてあります。従って、賃貸経営者自ら信頼のおける家賃債務保証会社を見つけ、その会社を入居希望者に紹介するというのが良い方法となります。