女の人

アパート経営で成功したいなら失敗事例も確認しておこう

合併買収で企業を拡大する

握手

企業買収によるメリットは、売り手側にも買い手側にも多くあると共に、日本経済や地域社会においても重要です。企業が経営を拡大させる事によって雇用が確保されると共に、売り手側で働く従業員の失業を防ぐことが出来るメリットがあります。

Read More

賃貸物件の運営を円滑に

集合住宅

金銭トラブルが悩みの種

現在アパート経営をされている人は、円滑に経営できていますか。賃貸アパート経営は部屋を貸し出すことで比較的簡単に収入が得られるビジネスですが、近年では円滑なアパート経営が出来ずに悩まれているオーナーさんが多くいます。主な失敗事例として、借主の家賃滞納や夜逃げなどによって残された負債を連帯保証人が責任放棄して、物件オーナーが自腹を切ることになるなどの失敗事例が挙げられます。本来であれば賃貸物件には、その様な事態に備えて連帯保証人をつけますが、保証人自体が支払い拒否すれば物件オーナーは訴訟を考えるか、泣き寝入りするしか方法がありませんでした。現在では、この様な料金トラブルによる失敗事例から学び、賃貸保証会社を使う物件オーナーが多くなってきました。賃貸保証会社を利用する事で、料金トラブルを大幅に軽減させる事ができ、不動産ビジネスの円滑化がはかれます。

確実な家賃収入を得られる

賃貸保証会社は賃貸不動産契約における借主との金銭取引を第三者である保証会社に任せることが出来ます。保証会社では借主の審査をした後、借主と保証契約をして物件オーナーに対して家賃や原状回復費などの信用保証を行う賃貸保証専門会社です。家賃滞納などが発生しても保証会社が代位弁済して支払ってくれる為、安定した家賃収入が振り込み保証されます。また、保証会社を利用する事で家賃滞納時の督促など心理的に嫌な業務も自身で行う必要がなくなる為、借主と物件オーナーとの良い距離感が保たれ良好な関係が保てる利点もあります。過去に悪質な借主との金銭問題で悩んだ経験があるオーナーさんは過去の失敗事例から学んで、この機会に賃貸保証会社を利用して円滑なアパート経営をされてはいかがですか。

賃貸経営のリスク軽減策

つみきとお金

家賃を滞納されるリスクは、家賃債務保証で軽減されます。家賃債務保証を業務とする会社がありますので、その会社と入居希望者を契約させれば、リスクは軽減されます。ただ、会社が倒産することもありますから、信頼のおける会社を賃貸経営者が自ら選び、その会社を入居希望者に紹介するというのが良い方法です。

Read More